2016年1月13日

中国鋼材市況が続騰

 中国の鋼材市況が上がり続けている。熱延コイルは1月第1週にトン2154元(約3万8400円、3ミリ厚、増値税込)と前週比4・1%高で4週連続上昇。その他鋼板や条鋼も上がった。中央政府による財政出動などの景気下支え策が影響し、原料価格も反転している。宝山鋼鉄が2月の販売価格を2年ぶりに上げ、値上げ機運が台頭してきたが、末端の需要は鈍く、市況上昇の勢いは弱いようだ。
おすすめ記事(一部広告含む)