2021年8月31日

中国鋼材市況 再び上昇

 中国の鋼材市況が再び上昇に転じた。熱延コイル市況は先週末に上海でトン5700元(約9万7000円、増値税込)と1週間で100元上がり、4週ぶりに上昇。冷延や異形棒鋼も上がった。6月以降、鉄鋼減産が続く中、秋の需要期が近づき、需給が引き締まる観測が強まったとみられる。急落した鉄鉱石の価格が先週に反転し、原料炭は上がり、原料高は秋も続く公算大。需要は減速気味だが、鋼材市況は高い水準を維持しそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)