2022年7月26日

中国鋼材市況下落続く 天候影響し需要不振

 中国の鋼材市況の下げが止まらない。ゼロコロナ政策による経済の失速や全国的な高温・降雨による荒天で需要が振るわず、需給が緩んでいる。とりわけ鋼板類は市中の在庫が増え、熱延コイルの市況は上海地区で先週にトン100元(約2000円)下落した。収益が悪化した鉄鋼メーカーは減産を進めているが、不動産市場の低迷が続き、夏場の不需要期とあって需給の調整は遅れそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)