2012年5月1日

アルミ圧延品、生産・出荷とも前年割れ 11年度

 日本アルミニウム協会が27日発表した2011年度のアルミ圧延品(板と押出合計)の需給実績は生産が前年度比2・9%減の199万57トン、出荷が2・6%減の199万8377トンだった。生産・出荷ともに前年実績を下回るのは09年度以来。一方、品種別では板が生産・出荷とも2年連続で前年割れとなったのに対し、押出の生産・出荷は2年続けてプラスを記録し、明暗が分かれた。

おすすめ記事(一部広告含む)