2013年6月12日

アルミ原料 相場、全品種3円続伸

アルミスクラップ相場が全品種キロ3円続伸した。指標相場の底堅い値動きと需給タイトが背景にある。 指標となるLMEアルミは現地4日、2カ月ぶりに1900ドル台を回復し、新塊の輸入採算値は一時、前月平均比キロ7円高の240円に達した。 足元では、対ドル円為替(TTS)の上伸で新塊の輸入採算値は弱含んでいるが、スクラップは市中発生が依然低調で、二次合金メーカーによる集荷競争が激しく無い物高の様相を呈している。

おすすめ記事(一部広告含む)