2014年5月19日

韓LSニッコーの爆発事故、熔錬1系統が操業停止 再開未定

韓国の銅製錬会社LS―ニッコー・カッパーの一部操業停止について、出資社であるJX日鉱日石金属の広報担当者は15日、操業継続中のラインの稼働率アップなどで、電気銅の生産量を維持したいと説明した。熔錬工程の2系統のうち、MI(三菱連続製銅法)炉のラインが13日の爆発事故以降、操業を止めている。15日時点で再開時期は未定。

おすすめ記事(一部広告含む)