2014年9月29日

アルミ新地金、最高値を更新 4四半期連続  対日割増金420―425ドル

10―12月期のアルミニウム新地金対日プレミアム(割増金)交渉は、前四半期より約2―6%高いトン420―425ドルで決着した。史上最高値更新は4四半期連続。国内在庫が積み上がってきている一方で不需要期に入るため、商社は「430ドル以上の高値は受け入れがたかった」と話す。

おすすめ記事(一部広告含む)