2014年10月1日

PPC、銅精鉱・地金、供給減速へ

国内産銅最大手パンパシフィック・カッパー(PPC)の西山佳宏副社長は29日、銅地金・銅精鉱の市場展望について記者会見し、銅鉱山の新規開発や中国の銅製錬能力拡大が、向こう数年間でスローダウンする見通しを示した。新規鉱山開発では起業費・操業費の高騰が著しい。中国では新規製錬所の建設認可要件が厳しくなり、西側諸国に対するコスト優位性が薄れる可能性があるという。

おすすめ記事(一部広告含む)