2016年5月20日

東邦チタニウム、今期スポンジ稼働率7割台

 東邦チタニウムは、今期(2017年3月期)のスポンジチタン生産ラインの平均稼働率が70%台後半程度となる見通しだ。航空機産業の緩やかな回復を背景に、スポンジチタン需要は成長が継続するとみられるが、今期は一部ユーザーの在庫調整などで前期比で減販となる見込み。

おすすめ記事(一部広告含む)