2018年3月28日

大木伸銅、品質向上へ1億円投資

 大手黄銅棒メーカーの大木伸銅工業(本社=東京都板橋区、大木宗治社長)は、品質レベル向上に関わる設備投資を強化する。前期(2017年12月期)にかけて新座工場(埼玉県)で物の流れを良くするレイアウト変更を実施したが、今後は検査工程の設備増強や自動化を重点的に行う方針。今期は1億円程度を品質関連に投じる予定だ。
おすすめ記事(一部広告含む)