2019年3月4日

アルミ新地金4―6月対日割増金、約30%高提示

 4―6月期のアルミニウム新地金対日プレミアム(割増金)交渉が始まった。一部の生産者は前四半期より約28―31%高い、トン109ドルと110―112ドルを提示してきたもよう。需給をめぐりいくつかの強弱材料が交錯してはいるものの、今回の提示額に「そこまで違和感はない」(商社)との声も聞かれる。

おすすめ記事(一部広告含む)