2018年3月1日

アルミ新地金割増金 生産者、30%高提示

 4―6月期のアルミニウム新地金対日プレミアム(割増金)交渉が始まった。生産者側は前四半期より約30%高い、トン133ドル、135ドルを提示してきた。まだ価格を出してきていない他社も130ドル台とみられる。アルミの輸入制限を検討する米国でプレミアムが上昇しており、アジア玉の一部が流れやすくなっている。ただ、需給が若干引き締まってきたとはいえ、国内需要家は30%高を割高とみているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)