2019年8月6日

LME銅 2カ月ぶり安値

ロンドン金属取引所(LME)の銅相場が約2カ月ぶりの安値水準に沈んでいる。再開した米中の閣僚級貿易協議への期待感から銅は先月末にかけ反発していたが、その後にトランプ米大統領が対中関税の「第4弾」を9月に発動すると表明したことで失望売りが広がった。大きく下落したことにより、下値めどだったトン5800ドルを下回るなどテクニカル面が悪化している。強材料にも乏しいことから、銅は下値を探る展開が予想される。

おすすめ記事(一部広告含む)