2020年7月15日

LME銅 1年4カ月ぶり6500ドル台

 ロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、約1年4カ月ぶりにトン6500ドル台を回復した。南米産出国での新型コロナウイルス感染拡大に収束のめどがたっていない中、世界最大の生産国チリでストライキに向けた動きがあるなど、供給懸念が強まっている。銅に連れ高する格好で他の非鉄金属も値を上げるなど、週明けのLME相場は全面高の様相となった。

おすすめ記事(一部広告含む)