2020年3月6日

レアメタル相場 動意薄、底ばい続く

 レアメタルの国際相場は底ばいが続いている。新型コロナウイルスの感染拡大によって世界経済に減速感が強まっているが、一方でサプライチェーン上の供給懸念が下値を抑えている面もあり、全般的に動意は薄い。そうした中、中国南部を主産地とするアンチモンは供給不安を受け、10カ月ぶり水準に急伸した。

おすすめ記事(一部広告含む)