2019年12月11日

海底マンガン団塊 音波で分布調査

千葉工業大学と産業技術総合研究所、東京大学などは11日、音波を使って海底のマンガンノジュール(団塊)の分布を正確に調べる手法を確立したと発表した。この手法を使えば数十万平方キロメートルといった広域での分布をより正確に把握でき、海底資源探査を効率的に行える。実際に調査した南鳥島周辺の排他的経済水域では有望なマンガンノジュール密集域が広範囲に存在することを確認し、約470万トンのコバルト資源も含まれるとの定量評価結果が出た。

おすすめ記事(一部広告含む)