2020年5月8日

アルミ二次合金 関西5―8円下押す

関西地区はキロ5―8円下落した。国内スクラップの続落や需要急減などが背景にあり、二次合金メーカーの営業担当者は「販売量は4割以上減っている。西日本の方が、影響が大きいように感じる」と話す。

おすすめ記事(一部広告含む)