2020年1月29日

LME銅 3カ月ぶり安値

 ロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、約3カ月ぶりの安値水準に値を下げた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、銅の最大消費国である中国の銅需要が減退するとの懸念が広がったためだ。肺炎の感染が広がることによる経済への悪影響は、ほとんど相場に織り込まれていなかったとみられ、当面の銅は軟調を余儀なくされる可能性がある。

おすすめ記事(一部広告含む)