2020年11月20日

中国産マグネ相場底入れ 2000ドル台を回復

中国産マグネシウム相場が底入れした。8月に約4年7カ月ぶりの安値トン1900ドルを割り込むなど軟調だったマグネは、足元2000ドル台を回復するなど上昇反転した。需給の大幅改善が背景にあるが、供給の減少より「ディマンドプル(需要増による上昇)」(非鉄金属専門商社タックトレーディングの上島隆社長)の様相が強いという。

おすすめ記事(一部広告含む)