2021年8月13日

磁石用レアアース急伸 ミャンマーでコロナ拡大

ネオジム磁石向けのレアアース(希土類)が急伸している。ネオジム磁石の耐熱添加剤となる中重希土の酸化テルビウムは前月比約3割高のキロ1257・5ドル、酸化ジスプロシウムは14%高の415・5ドル。ネオジム磁石原料のネオジムやプラセオジム・ネオジム(ジジム)は25%値を上げた。中重希土の主要輸入先のミャンマーで新型コロナウイルスの感染状況が悪化し、イオン吸着鉱由来のレアアースの供給が絞られた。中国当局の環境監査によるレアアース精錬・分離工場の操業停止も強材料。供給不安を背景に続伸もあり得そうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)