2022年7月8日

商品市況下げ明白 原油100ドル割れ

商品市況の下げが鮮明となっている。ロンドン金属取引所(LME)の銅は、約1年8カ月ぶりの安値水準に値を下げた。原油価格は約2カ月ぶりとなるバレル100ドルの大台を割り込んだ。大幅利上げに伴う米国経済の悪化や中国の再ロックダウン(都市封鎖)など、景気の先行き懸念が相場の下押し要因となっている。商品全般の下落は、インフレ観測を一服させる可能性がある。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)