2022年8月2日

阪和興業 QMBが稼働、ニッケル年産3万トン体制

阪和興業は1日、リチウムイオン電池正極材向けの高純度ニッケル・コバルト化合物(MHP)を製造するインドネシアのQMBプロジェクトが稼働を開始したと発表した。6月にニッケルを年間純分3万トン(フェーズ1)生産する体制と初期ラインが完成。7月に主要設備の調整と原料不投入での試運転がスタートした。8―10月にかけ、実機第1―3ラインへの原料投入および試運転を実施する予定。電気自動車化の進展により加速する電池需要の高まりに対応する。






未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)