2022年8月23日

溶融亜鉛めっき 原料自社回収が活発化

溶融亜鉛めっきと再生亜鉛の業界関係が節目を迎えている。亜鉛価格が高止まりし、めっきメーカーではコスト低減策として亜鉛原料の自社回収装置を導入する動きが活発化。一方で再生亜鉛メーカーの原料調達難が深刻となっているが、根底にはコスト転嫁ができない溶融亜鉛めっきの業界体質がある。






未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)