2022年9月16日

伸銅加工品 秋季価格交渉が大詰め

伸銅加工品の年度下半期からの価格交渉が大詰めを迎えている。諸コストが軒並み値上がりする中、加工メーカーは10月1日実施を目標に価格転嫁を呼びかけているが、銅価一服を理由に値下げ圧力を受けている分野もある。価格交渉の成否によっては、駆け込み需要の発生も予想され、メーカーや流通筋は行方を見守っている。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)