2022年11月18日

住友金属鉱山 下期重点4施策推進

住友金属鉱山は2022年度下期の重点施策に、コテ金鉱山の開発推進とケブラダ・ブランカ2(QB2)銅鉱山の完工、次期ニッケルプロジェクトの検討、電池材料増強の4つを挙げる。今後需要拡大が見込まれる銅やニッケルへの投資を進める。コテも競争力の高さから、長期的に有望とみている。電池材料は現在着手している新工場の立ち上げを進めつつ、さらなる増強やラインアップ充実といった今後の展開も検討する。
おすすめ記事(一部広告含む)