2022年11月25日

三菱商事RtMジャパン 電池・モビリティーに注力

三菱商事グループで金属資源トレーディングを展開する三菱商事RtMジャパンは、次世代自動車向けの部素材の販売拡大に向け組織的に取り組む。今年4月の組織改正で「電池・モビリティ事業本部」を新設し、ここに二次電池材料、水素材料、レアメタル、自動車用アルミ材の4事業を集約。鉄鋼原料、一般炭、ベースメタル・アルミ、貴金属に続く同社の将来的な柱となる事業本部に育てるべく、4事業で業界に関する知見や方向性を共有する。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)