2022年12月14日

特金スクラップ 高値で売り腰強まる

特金スクラップ扱い筋の売り腰が一転して強まっている。中国のゼロコロナ政策見直しを受け、ニッケルのロンドン金属取引所(LME)相場は月初から17%急騰して一時はトン3万ドル台に乗せた。価格指標の先高観を受け、国内メーカー向け直納問屋と輸出業者も高値応酬の様相となり、手持ち筋は様子見ムード。年末にかけての市中発生は減りそうな情勢だ。





おすすめ記事(一部広告含む)