2022年12月27日

アルミ圧延品 自動車向け出荷減速

11月のアルミ圧延品(板・押出)の出荷は自動車向け板で前月の2桁プラスから一転し、減速感がみられた。日本アルミニウム協会がまとめた11月の生産・出荷動向によると、自動車向け板は四輪車の生産回復を受けてプラスを維持した。一方で押出はトラック生産の減少などに引きずられマイナスに転じた。同協会によると、自動車や缶材など主要分野の年明け以降の出荷動向は引き続き不透明という。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)