2018年8月21日

豪フォーテスキュー・メタルズ・グループ、純利益58%ダウン 前6月期 早期返済など影響

 豪鉄鉱大手のフォーテスキュー・メタルズ・グループ(FMG)が20日発表した2018年6月通期決算によると、純利益は8億7800万米ドル(972億円)と前年比58・1%減った。負債の借り換えや早期返済コストが響いたが、基礎的利益は10億8000万米ドルと49・4%減だった。鉄鉱石単価がトン53米ドルと17%下がったのが響き、基礎的金利・税・償却前の利益(EBITDA)は31億8200万米ドルと32・9%減った。採掘コストは過去最低のトン12・36米ドルと3・6%下がった。

おすすめ記事(一部広告含む)