2012年9月28日

Ni系ステンレス冷薄市況、アジアで底打ち反転

 SUS304に代表されるニッケル系ステンレス冷延薄板(板厚2ミリ)のアジア市況が、底ばいから反転した。直近底値からトン当たり約100ドル上昇し、CIFトン2700ドルとなった。

 足元のニッケル価格急伸により、アジアのステンレスメーカーが値を引き上げている。25日現在、9月のLMEニッケル平均価格はポンド7・73ドルと前月比0・63ドル高い。

おすすめ記事(一部広告含む)