2013年2月14日

東京地区の針金、需要さえず同値圏

 針金は足元で横ばい推移が続く。市中価格は4ミリがトン当たり19万円、2ミリが21万円中心となっている。年度末に向けて公共工事は動いているものの、関東地区の普通線材製品の荷動きはやや低調。メーカーサイドの値上げ機運は高まっている一方で、新値の浸透には時間が掛かるとの見方が大勢になっている。
おすすめ記事(一部広告含む)