2014年5月16日

JFEスチール、高耐食性厚鋼鈑 石炭運搬船用を開発 世界初 鋼材切替え寿命倍増

 JFEスチールは15日、世界で初めて石炭運搬船カーゴホールド(貨物倉)の腐食を抑制する高耐食性厚鋼鈑「JFE―SIP―CC」を開発したと発表した。貨物倉での石炭硫黄分と結露水の反応による希硫酸水溶液による鋼板腐食に対し、最適な合金元素を転嫁することで希硫酸腐食減耗を抑制できる。JFE物流発注の石炭運搬船に約200トン初採用された。腐食による鋼材切り替えの寿命を2倍に延長、石炭運搬船のメンテナンスコストを削減、従来鋼と同等の溶接性と加工性を持ち、船舶建造での特別施工管理も不要となる。厚板事業の高機能材拡大として造船分野で積極投入、年間1万トンの販売を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)