2017年2月21日

トヨタ上期支給材価格 線材は1.5万円上げ

 中部地区の関係筋によると、このほどトヨタ自動車が決めた来年度上期(4―9月)の自動車用鋼材の支給材価格で、線材は前年度下期に比べトン当たり1万5000円の値上げ幅となったことがわかった。他の鋼材が軒並み1万4000円の上昇幅となったのに対し、線材はメーカー出荷から自動車部品としての納入までの工程期間が長いことや加熱炉を使用するため原燃料費の変動影響を受けやすいこと、過去の価格変動が大きかったことなどへの配慮があったものと見られる。

おすすめ記事(一部広告含む)