2017年10月19日

北海鉄工所、鉄道車両部品事業が好調 側ばり製作、今期1200トンへ

 北海鉄工所(本社=大阪府岸和田市、林孝彦社長)は鉄道車両部品事業が好調な状態が続いている。同事業は臨海第2工場(大阪府岸和田市)で鉄道車両用台車用の重要な強度部材「側ばり」を製作で、今期(2018年2月期)は年間1200トンの製作量を見込んでいる。当面、国内の鉄道車両の生産は堅調に推移するとみており、来期も今期並みの製作量を目指していく考え。
おすすめ記事(一部広告含む)