2018年4月12日

小野建、姫路の加工体制強化

 小野建は姫路営業所(姫路市飾磨区)の加工体制を強化した。2月末には小型のバンドソー2基(大東精機製)を増設し、同設備を4基とした。形鋼類の切断は一部を外注に出していたが、顧客増加に伴い自社でも短納期対応を可能にし、外注先とタイアップをすることでさらなる短納期対応と拡販につなげるのが狙い。今後、切断加工量を現状比約5割増の月間450トン程度まで引き上げる方針。また、3月末には形鋼用のショット加工機(新東工業製)を新設するとともに、天井クレーン2基を増設した。H形鋼の穴開け加工を施した個所へのショット加工の要望が高まっていたことから、これに対応したもの。
おすすめ記事(一部広告含む)