2019年3月6日

東群鋼材、新加工拠点を開設

 群馬県の有力鋼材流通、東群鋼材(本社=群馬県佐波郡玉村町、荒井大祐社長)は今月から新たな鋼材加工拠点となる玉村北工場(群馬県佐波郡玉村町樋越122―10)を開設した。直近2月には本社隣接の加工工場で形鋼の切断・穴開け用複合加工機1基を増強するなど、全社での加工能力を約200―250トンほど拡大。玉村北工場は本社加工工場で使用していた複合加工機を移設したほか、今年9月には大型H形鋼用のスケーラーや開先機の導入も視野に入れている。工場の取得・工事費や設備導入費など一連の投資額は約2億円となる。

おすすめ記事(一部広告含む)