2020年4月24日

関東市況、コラム2000円続落

関東地区の大径角形鋼管(コラム)市況は続落した。BCRの市中相場(トン当たり、ベースサイズ)は切断・開先加工込みで10万3000―10万4000円に移行し、月初に続いて2000円方下落。元々の建築需要の低調さに加え、新型コロナ禍による建設マーケットへの影響なども弱材料となり、下げムードが増している。

おすすめ記事(一部広告含む)