2020年5月19日

トヨタ 生産調整 6月も国内全完成車工場で

トヨタ自動車は15日、新型コロナウイルス感染症の影響による世界的な新車需要の低迷を受け、6月の国内全完成車工場で生産調整を行うと発表した。国内全完成車工場で4日間の非稼働日を設定し今後、稼働カレンダーの振り替えを実施。それに加え、7工場10ラインで2―7日間の稼働停止および3工場5ラインで1直化も予定しており、国内の完成車生産は当初の計画に比べ月間12万2000台、約40%の減産となり、グローバル生産では同約23万4000台減(同約30%減)となる見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)