2020年12月23日

流通3団体 1―3月需要 車、建産機が堅調 造船用厚板は3割減

 全国鉄鋼販売業連合会、全国コイルセンター工業組合、全国厚板シヤリング工業組合の鉄鋼流通3団体は22日までに経済産業省ヒアリングを行い、2020年度第4四半期(21年1―3月期)の需要見通しを報告した。自動車はトヨタの生産が第3四半期の86万台から第4四半期は81万7000台と減少するが、前年同期比プラスで、ホンダやスズキも生産計画は堅調。ティア1、2の部品メーカーも国内外で好調とみる。造船は減退、建・産機などは回復傾向に転換とし、本年度の造船用厚板需要は前年度比30%減の260万―270万トンと見通した。建設は土木が堅調ながら、建築は大型案件端境期にあり、中小案件の減少、延期で年明け後も低調な状況が続く。

おすすめ記事(一部広告含む)