2021年2月9日

日立建機、建機電動化開発を加速

 日立建機(平野耕太郎社長)は建設機械の電動化開発を加速する。建機の電動化・応用品の開発を行う独グループ会社の「EACヨーロピアン・アプリケーション・センターGmbH」などを活用。8トンクラス油圧ショベルの展開を始めており、本年内に日本で5トンクラスを投入する。掘削力など「エンジン方式とほぼ同等の能力を出せる」(平野社長)とし、開発の促進と商用化を図る。売り上げ比3%の研究開発投資を維持し、マイニング(鉱山機械)のトロリー方式やハイブリッドと合わせ、複合的に現場に適合した電動化建機の供給を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)