2022年1月21日

日立建機 鉱山機械の競争力強化

日立建機(平野耕太郎社長)はマイニング(鉱山機械)事業で競争力を強化する。資源価格の上昇と需要伸展を受けて鉱山大手を筆頭に投資意欲の高まりを加味、増加するマイニング市場を捕捉していく。併行して中長期的にはマイニングの電動化など技術開発を加速、AHS(自律走行システム)など自律運転や遠隔操作などのICT(情報通信技術)を活用した鉱山オペレーションの効率化を図り、二酸化炭素(CO2)削減を促進、カーボンニュートラルに対応する。本年3月からの米州での同社独自展開も加味し、南米地域などを重点化し、資源需要を想定してマイニングの拡大を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)