2021年2月22日

コベルコ建機の経営戦略を聞く 尾上善則社長 変化に強い体制構築 次期中計 リスク管理やICT化推進

コベルコ建機の尾上善則社長は「変化に強い事業体制の構築」を掲げ、2021年度からの次期中期経営計画を見据える。新型コロナウイルスで中国以外の建機市場に逆風が吹く中、ICT(情報通信技術)を活用した、ICT建機開発、業務改革、顧客とのつながりの強化を掲げ、新たな体制を固める。並行して電動化対応など新たな環境技術の開発に注力、各施策を通じた事業の推進に当たる。同社長に本年の見通し、取り組みを聞いた。

 ――建機市場の動向について。

 「海外は中国が春先にコロナで落ち込んだものの、その後は盛り返し、20年の総需要は過去最高の見通しだ。一方で、中資系メーカーのシェアが上昇し続けている。日本は海外ほどコロナの影響はなかった」

おすすめ記事(一部広告含む)