2021年4月21日

日本製鉄 炭素鋼鋼管10%値上げ 店売り5月受付分から

日本製鉄は国内店売り向け炭素鋼鋼管(溶接管・シームレス管など)の全品種の販売価格について、5月受付分から現行価格比10%引き上げる。このほど取引先の流通各社に申し入れを開始した。主原料および鉄スクラップの国際価格、さらには合金などの副原料・輸送費が高騰していることに加え、熱延コイルの需給が世界的にひっ迫。鋼管製品における再生産・安定供給可能な水準の価格実現に向けた値上げは不可避と判断した。同社では「ひも付き需要家に対しても不退転の決意で値上交渉を実施する」としている。

おすすめ記事(一部広告含む)