2021年8月25日

海外展開・新規事業に活用 キャディ、80億円調達

製造業の受発注プラットフォーム運営などを行うキャディ(本社=東京都台東区、加藤勇志郎社長)は24日、既存投資家や新たな海外投資家、国内投資会社などを引受先とした第三者割当増資を実施し、総額80億3000万円の資金調達を行ったと発表した。累計調達額は99億3000万円となり、創業4年目で100億円規模に到達。同時に三井住友銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行から25億円の追加融資枠も確保した。調達資金は既存事業の拡充のほか、主に東南アジアをターゲットとした海外展開や新規事業に充てる計画で、2030年までに売上高1兆円を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)