2021年9月1日

日本製鉄、厚板1万円値上げ 9月引き受け 店売り・建プロ向け

 日本製鉄は本年9月の新規引き受け分から国内厚板の店売りと鉄骨、橋梁など建材プロジェクト向け価格をトン当たり1万円値上げする申し入れを開始した。これで昨年9月からの販価引き上げは累計6万円となる。造船需要は本年7月まで7カ月連続で輸出船契約が前年同月比増を記録し、建・産機も高水準にあり厚板需要は全分野で堅調に推移。本年度下期にかけてタイトな需給環境が継続する見込みだ。一方、国内メーカーでは引き合いが増え、フル操業を持続する中で、主原料価格が高止まりし、副原料、副資材、物流費が構造的にアップしており、再生産とサプライチェーン堅持による安定供給のため必要な価格レベルへ向け販価是正を図る。





おすすめ記事(一部広告含む)