2021年10月7日

マイクロチャネル熱交換器 神鋼、最大クラス受注

神戸製鋼所は7日、豪エンジニアリング・建設会社のClough社(クラフ社)から西オーストラリア州ドンガラで計画中のガス田開発プロジェクト「ウェイトシアガス田ステージ2」で建設されるガス処理プラント向けにマイクロチャネル熱交換器(DCHE)2基を受注したと発表した。同プロジェクトは三井物産100%子会社のミツイE&Pオーストラリアが出資、ステージ2として23年後半に生産を開始する。生産した天然ガスはLNGとして豪州、アジアで販売。クラフ社がガス処理プラント(日量250TJ)を建設、熱交換用途にDCHEを使用する。22年に神鋼として最大クラスの機種を現地納入する。

おすすめ記事(一部広告含む)