2021年10月21日

近藤鋼材グループ、渡邊鉄工所に梁加工新工場 来年7月完成

 静岡県の大手鋼材問屋、近藤鋼材(本社=静岡県沼津市、近藤千秋社長)のグループ企業でHグレード鉄骨ファブの渡邊鉄工所(本社=同県藤枝市、藤田芳髙社長)は、同県榛原郡吉田町に梁加工専用の新工場を建設する。ZEMAN社(オーストリア)製の全自動梁組み立てロボットシステムを導入した生産性の高い工場とすることが目的で、外部からの受注も含め月間2000トン程度の梁加工を目指していく計画。完成は来年7月の予定で、用地取得費も含めた送投資額は約25億円。20日には現地で安全祈願祭を行った。

おすすめ記事(一部広告含む)