2021年11月16日

萩生田経産相・米商務長官 米232条鉄鋼、アルミ追加関税 問題解決へ協議開始合意

 萩生田光一・経済産業大臣は15日、レモンド米商務長官と会談し、米通商拡大法232条に基づく日本製の鉄鋼、アルミへの追加関税の問題解決に向けた協議開始で合意した。2018年の米国の措置発動以来、日本は世界貿易協定(WTO)に整合的な形で完全解決として撤廃を求めており、今後速やかに協議に入り、早期解決を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)