2022年4月11日

G7追加制裁 脱ロシア炭 政府対応検討

ロシアのウクライナ侵攻に対する追加制裁のG7首脳声明で、石炭の輸入禁止を含めたロシア産エネルギーの依存度低下が盛り込まれたのを受け、政府は対応の検討に入った。萩生田光一・経済産業相は8日の閣議後会見で、ロシアと今まで通りの付き合いはできないとする一方、エネルギーは各国事情によるとし、産業界に影響が及ばないよう配慮の上でロシア炭依存を低下させる考えを示した。高炉大手では既にロシア炭からの転換を試みており、政府とも協議しながら追加制裁などに対応する構え。





おすすめ記事(一部広告含む)