2021年11月17日

三菱商事 RtM軸に収益拡大

三菱商事の金属資源トレーディング本部はRtM事業を軸に収益基盤を広げる。本部の4―9月の利益は約109億円と最高益だった前年通期の127億円に比べても高水準だった。2021年度の利益計画は110億円から153億円に上方修正した。昨年立ち上げた中国法人も中国内市場開拓に成果を上げており、グローバルのネットワークを生かして変動の激しい市場のニーズを捕捉する。100億円レベルの利益を安定確保しながら、社会課題を軸に脱炭素や電化などの分野で将来の成長の芽を取り込む。





おすすめ記事(一部広告含む)